新橋夢クリニックトップ
院内施設のご案内
院長・スタッフのご紹介
当院の治療
ご来院の方へ
治療費
交通アクセス
公開講座・説明会のご案内
学会発表
臨床研究
求人
不妊治療についてのよくある質問
不妊治療の用語集
トップページ > よくある質問

たくさんのお問い合わせ、ご質問ありがとうございます。
皆様のご質問の中から特に多いものをまとめましたのでご参考下さい。

また、次の内容に関するご用件はメールでの対応はできませんので、お電話で直接お問い合わせ願います。
・通院中の方で緊急を要するもの
・通院中の方で次回の来院日
・お薬の飲み方
・治療内容に対する詳しい内容、ご相談

ご質問の内容によっては、メールではお答えしかねるものもございますので、予めご了承ください。


予約制ですか?
当院では予約制をとっておりません。
初診時はいつ来院したらよいですか?
採卵周期を開始するには生理開始日より数えて3日目のご来院・診察が必要です。
その他の日にご来院の際は、問診のみとなり、次周期からの治療になる場合があります。
他院からの紹介状は必要ですか?
特に必要ではありませんが、お持ちいただければ今後の治療の参考になります。
紹介状の有無で、初診料に違いはありますか?
紹介状の有無による初診料の差はありません。
初診時の診察に必要な金額を教えて下さい。
初診時に必要な検査を全て行った場合、奥様約4万2千円/ご主人約1万4千円が必要になります。血液検査データを持参し検査がない場合、該当の検査代は必要ありません。保険証は必ずお持ち下さい。
初診の診療時間帯は限定されていますか?
初診時は問診・診察に時間を要することがありますので、午前診療日(土/日/祝)は12時00分迄、午前・午後診療日(平日)は17時00分迄にご来院願います。
午後診療日の17:00〜18:00にご来院の際は、医師による問診のみになる場合があります。
初診で午後診療日の17:00〜18:00にご来院になる際は必ずお電話にてご確認をお願い致します。
相談のみでも受け付けてくれますか?
ご相談希望の方は、まずは説明会にご参加下さい。当院治療内容をご説明しております。
説明会への参加は義務ですか?
義務ではありませんが、参加していただいた方が当院の治療をより深く理解できますので、ご都合がよろしければ是非ご参加ください。
子供を連れての通院は可能でしょうか?
当院は不妊治療クリニックですので、他の患者様へのご配慮をお願いしております。
基本的にはお連れにならないようお願いいたします。
採卵は無麻酔ですか?
無麻酔で採卵します。医師の判断により痛み止め(麻酔)を使用することがあります。
採卵までに基本的に何回位来院しますか?
治療方法(刺激方法)や患者様の生理周期、卵巣・子宮の状態によっても異なりますので、診察時に当院医師にご確認をお願いいたします。
他院に保存してある凍結胚を新橋夢クリニックにて移植できますか?
施設により凍結・融解方法に違いがあり、特に凍結時の胚の状態を把握できない際は的確な融解ができないため、他施設の凍結胚は当施設にて融解・移植は行えません。同様に当施設の凍結胚は他施設にて融解・移植は行えません。
又、搬送時のリスクが大きいため施設間での凍結胚の搬入・搬出も行えません。
不妊治療費助成制度を受けることができますか?
当院は不妊治療費助成事業の対象医療機関に指定されておりますので可能です。
加藤レディスクリニックと新橋夢クリニックの治療の違いは何でしょうか?
当院のできるだけ卵巣に負担をかけないで治療を行う、という基本的な理念は加藤レディスクリニックの治療方針と同じですが、使用する薬の選択やその組み合わせは当院独自となっております。また、料金制度が大きく異なります。
漢方薬を服用しながら不妊治療はできますか?
漢方薬にはホルモンに影響を与えるものもありますので、推奨できない場合があります。当院に通院される場合は内服を止めていただくこともあります。診察時医師にご相談ください。
成功報酬制度の終了後は治療は受けられないのでしょうか?
医師と相談の上、通常料金にて受診可能です。
初診時に必要なものは何ですか?
健康保険証・基礎体温表・紹介状・血液検査データ・問診表・身分証明書(保険証のない方)
血液検査データは何が必要ですか?
1年以内のデータで、HBs抗原(B型肝炎)・HCV抗体(C型肝炎)・HIV抗体(エイズの検査)・RPR・TPHA(梅毒の検査)・CT IgA・IgG(クラミジアの検査)です。
※取り直しが必要な場合がありますので、ご了承ください。
担当医制ですか?
担当医制・指名制ではありません。当医療法人の治療理念・方針に沿って診察を行っていますので、ご安心下さい。
初診は夫婦で受診したほうが良いですか?
できればご夫婦で来院下さい。ご夫婦一緒に問診を受けていただきます。お二人で一緒に受けて頂いた方が、治療への理解が深まると思います。
診療費の支払いにクレジットカードは利用できますか?
申し訳ありませんが、利用できません。現金・振込・Jデビットのみ受け付けております。