Top > 当院について

当院について

当院の治療方針

良好な卵子を得るためには、卵子が卵巣の中で成熟していく過程を重視しなければなりません。
その期間は非常に長く、原始卵胞からでは5ヶ月以上に及びますが、特に最後の2ヶ月間が重要です。この間の卵子の成熟が乱されないように、私たちは自然周期を治療の原則としています。
仮に薬を用いなければならないとしても、種類を選び、できるだけ少量に抑え、自然状態では体内に存在しないホルモン類、特にhCGに関連した製剤は使用しないようにしています。
自然に近い状態で成長と排卵を促すことが、今成長し排卵する「現在の卵子」だけではなく、翌周期以降に排卵する「未来の卵子」に重要なことだと考えています。

当院の治療 治療費 院内施設紹介

院長・スタッフ紹介

瀬川 智也

理事、院長
瀬川 智也
(せがわ ともや)

1992年
金沢大学医学部卒業後、同大学医学部産婦人科学教室に入局
1992年
福井県立病院産婦人科副医長
1996年
市立輪島病院産婦人科医長
1997年
金沢大学医学部産婦人科助手
2003年
医学博士
2004年
加藤レディスクリニックに勤務
2010年
新橋夢クリニック勤務
2011年
同 副院長・理事に就任
2016年
同 院長・理事に就任

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
日本生殖医学会認定生殖医療専門医
日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医
日本産科婦人科学会 会員
日本生殖医学会 会員
日本受精着床学会 会員



寺元 章吉

理事長
寺元 章吉
(てらもと しょうきち)

1990年
金沢大学医学部卒業後、同大学医学部産婦人科学教室に入局
富山市民病院勤務等
1993年
加藤レディスクリニックに勤務
1997年
同院副院長に就任
2007年
東京都港区に新橋夢クリニックを開設
2007年
医療法人社団夢クリニックを設立(厚生局・東京都認可)
2010年
医療法人社団永遠幸に名称変更・登記(厚生局・東京都認可)

日本A-PART 副理事長
日本受精着床学会 理事
日本産科婦人科学会 会員
日本生殖医学会 会員
日本哺乳動物卵子学会 会員
著書 「不妊治療はつらくない」 ㈱主婦の友社